持ち運びができる「テレビ」のような扱いとして使う

持ち運び便利なタブレット

皆さんにはお気に入りのアニメってありますか?
うちの子供がお気に入りで見ていたのがコロちゃんというアニメでした。

もともと何かのDVDを借りたときに作品紹介で見たのがきっかけだったのですが、その絵の感じが子供の感性にビビッときたようでねだられました。
以来、我が家では時々見るようになりました。

またアニメだけでは飽き足らず、図書館に行って絵本を借りてくるようになりました。
もともと絵本の作品なんですよね。

はっきりとした色使いが実に印象的で子供に分かりやすいのだと思います。

 

タブレットを家庭に導入した理由

内容としては子供がコロちゃんを通してどうしてそうなるの?というのを考えさせる内容なのですが、これが実にかわいらしいのです。

一緒に絵本やDVDを見ている時間なんかは貴重だったりするのですが、家事がたまっているとつい「見ておいて」となってしまうんですよね。

これってテレビは持ち運べないせいだったりもするんですよね。
絵本なら近くで家事をしながら読んでやることも可能なんですが、字を読むというのはやはりゆっくりしてやりたいですよね。

そこで、うちではタブレットを導入してみたりしています。

 

タブレットを学習ツールとしても使う

勉強をガンバる女の子

最近増えているタブレットを使う学習方法なんかはうちでも活用しているのですが、あれは実に簡単でいいなと思えます。

持ち運びは簡単だし、子供が使うにもあまり難しくはないので。
しかも、ガードがかかっているものにすれば子供がやたらめったらインターネットにアクセスすることもないので安心です。

それでもテレビ画面と同じという扱いにすることにして、我が家では時間制限は設けました。
ずっと画面だけを見るんじゃ携帯ゲーム機と同じなので。

子供の成長を促すなら画面だけでなくそこから応用できる何かがプラスアルファだといいですよね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑