子供に対するバランスが大切だと思います

子供へのタブレットは賛成です

 

6歳の幼稚園年長の娘を持つ父親です。

最近の娘のブームは6歳の誕生日に買ったタブレット端末です。
わたしは子供がタブレットを使うことに関して賛成派。

なぜならこれからは学校の授業でもタブレットの授業などが多くなる傾向にあると思うから、早くから順応させておくのを優先させる方針です。

一方でリアルに対しての創造性が失われる危険性についても理解していますので、バランスが大切だと思います。

たとえば雨の日はタブレット内の動物園を楽しみ、遊び晴れの日は実際に動物園に行って、タブレットで学んだこと、見たことを確認するなどです。

こういう観点からみると一方的に反対している親には疑問も覚えます。

子育てについて父親の立場で大変だと思う点

父親立場で子育てが大変なのは説得力のある行動を自分自身がとらないと教育はできない点。

5歳になると悪い部分はすぐ真似します。
良い部分をまねるより明らかに悪い部分を先に吸収します。

そんな子供に向けて、アニメで教育にとても良いと思ったのはプリキュアシリーズです。

このアニメは子供に良いと思いました

団結力が学べる作品

現在放映中ですとハピネスチャージプリキュアですが、理由としては女子の本能的に持っていない団結力を学べる作品ということです。

どこかのサイトで学んだのですが、プリキュアシリーズは女性の友情をテーマにしてヒットしたアニメとしては金字塔のようです。
たしかに相対的に男性の友情のみをストーリーとしたアニメ漫画に対して、女性のみの友情をテーマにしたタイトルは少ないです。

プリキュアみたく友達と仲良くするという娘を見ると嬉しくなります。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑